ドッピンdeライフ
ドッピンな日常を記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい映画と

出会ってしまった。柔らかい生活 寺島しのぶ
あまりの衝撃、衝撃とゆう表現は適切でないかもしれないけどヤラれてしまいました。一週間くらい前に見たのだけど以来脳裏よぎり続けダウナーし続けて今ようやく。
評論とかはしたくないのだけどこの映画について何か人に伝えたい。でも伝えるべきでないのかもしれない。それはとても悲しい話になってしまうだろうから。でもそんな風に考えるのもまた悲しいだろうし…。
ドッピン的観点から言えば、まあドンマイ、みたいな感じかな。そんな映画でした。あまり観てみて!とおすすめは出来ない系です。少しでも前向きになろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

cotaroちゃん!おはよう~
「寺島しのぶ」というと・・こころの葛藤・虚無的人生観・反面貪る欲求・激しいsex描写がイメージ。
映画を見てないので、マスコミの都合のよい切り張り放映(批判)から受ける私の感覚!
下町のほのぼのとした人間関係がいいらしいね。
cotaroは人との交流で、相手の本質を見極め、優しさとか内面の哀しさとか・・もと底にあるものとかを感受したいよね(間違ってたらゴメンね)苦笑
きっと好きな人とは老若男女問わず、本音で関わっていきたいと思ってるように見える。
だから心に触れてくる映画はcotaroの精神をゆさぶるのかな?cotaroもこころの何かを求めてるのかな?
私もかつて、何か空虚感が居座っていて、いつも何かを求めていた。その「何か」があやふやでやっかいで、手こずった記憶があるなぁ(ファイト!だ)
【2006/06/29 10:12】 URL | takatan #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ドッピンシャン

Author:ドッピンシャン
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。